カートを見る

Advisor. MauroChoice製品の開発者 Dr.マウロについて

サプリメント研究の世界的権威 Dr.マウロとは?

サプリメント研究の世界的権威として知られるマウロ G.ディパスカレ氏 (以降、“Dr.マウロ”とする)。彼は、チョイス・ニュートリションCEOのサイモン・デューの長年の友人であり、ビジネスパートナーとしてチョイスの製品を共に開発し、監修まで担当しています。だからこそ、チョイスが提供するサプリメントは高品質であると、私たちは自信を持って言えるのです。スポーツ栄養学およびスポーツ医学に強大な影響力を持つDr.マウロの経歴をぜひご覧ください。彼が開発・監修に携わるサプリメントの価値に改めて気づくと思います。

2つの顔を持つサプリメント界の偉人

Dr.マウロには“2つの顔”があります。ひとつはパワーリフティング競技の元世界チャンピオンとしての顔。もうひとつはサプリメント研究における世界的な権威としての顔です。日本ではまだ知名度は高くありませんが、彼こそは、その活動や功績を称えずにはいられない、トップアスリートにして博学を極めたサプリメント界の偉人なのです。


トップアスリートとして輝かしい成績を誇る

1968年、Dr.マウロは出身地でもあるカナダのトロント大学で分子生化学および生物化学の学位を取得。大学卒業後、同大学で助教授のキャリアをスタートさせると同時に、学生時代に親しんでいたウェイトリフティングのトレーニングを再開し、1976年にはパワーリフティングの国際大会でカナダ人初のチャンピオンに。その後も、ワールドチャンピオンシップ1回、カナディアンチャンピオンシップ8回、その他の国外試合に計4回優勝し、世界のトップアスリートとしての地位を不動のものにしました。


サプリメント研究者の道を歩む

10年間、トロント大学助教授として運動パフォーマンス、栄養学、サプリメント、薬学の研究および講義を行い、アカデミックな分野でも存在感を強めていったDr.マウロ。パワーリフターの現役を退いた後も、オリンピックのウェイトリフティング競技連盟医療委員会の委員長や国際パワーリフティング協会の役員を務めると同時に、「EAS」や「ウイダー」などの有名食品会社の製品開発、サプリメント企業のコンサルタント、メディカルアドバイザー、国際スポーツ機関の薬物検査委員、政府機関の指定有識者、EAS科学諮問委員会メンバーなどの役職を担い、医学博士として活躍の場を広げていきます。現在では医療審査官認定審議会(MROCC)による医療審査官(M.R.O.)、国際スポーツサイエンス協会(ISSA)による運動科学修士(M.F.S.)、アメリカスポーツメディスンカレッジのメンバーとしての活動を続ける一方、米国ハーバード大学の研究者との共同開発事業、サプリメント、ダイエット、ドーピング薬物、人体組成、運動パフォーマンスに関する書籍の執筆や講演活動などを通じて研究の成果を発信し続けています。特にサプリメント、スポーツ医学、栄養学、ドーピング薬物についての論文は欧米各国で翻訳されおり、その信頼と影響力は絶大です。また、フィットネスやスポーツ関連の雑誌社からの執筆依頼も多く、日本でも人気の月刊誌『アイアンマン』の北米版を含む十数誌に毎月連載コラムを寄稿しています。