カートを見る
  • HOME  >  
  • Dr.マウロ プロフィール

Dr.マウロ プロフィール

bn_mauro_2015120901

チョイス製品の開発者、マウロ G.ディパスカレ医学博士(以降、“Dr.マウロ”とする)には“2つの顔”があります。

ひとつはパワーリフティング競技の元世界チャンピョンとしての顔。そしてもうひとつはサプリメント研究における世界的な権威としての顔です。どちらも日本の皆さんにとって馴染みの深い分野とはいえませんし、博士のことを知らない方もたくさんいらっしゃることでしょう。ただし、Dr.マウロの名を聞く人が聞いたなら、彼こそは、その活動や功績を称えずにはいられない、トップアスリートにして博学を極めたサプリメント界の偉人なのです。

1968年、Dr.マウロは出身地でもあるカナダのトロント大学で分子生化学および生物化学の学位を取得しました。大学卒業後、同大学で助教授のキャリアをスタートさせると同時に、学生時代に親しんでいたウェイトリフティングのトレーニングを再開。1976年にはついにパワーリフティングの国際大会でカナダ人として初めて優勝し、その名を広く世界に知らしめます。その後も快進撃は止まらず、ワールドチャンピョンシップに1回、カナディアンチャンピョンシップに8回、その他の国外試合に計4回優勝し、世界のトップアスリートとしての地位を不動のものにしたのです。

若き日のドクターマウロ

10年間、トロント大学助教授として運動パフォーマンス、栄養学、サプリメント、薬学の研究および講義を行い、アカデミックな分野でも存在感を強めていったDr.マウロは、パワーリフターの現役を退いた後も、オリンピックのウェイトリフティング競技連盟医療委員会の委員長や国際パワーリフティング協会の役員を務めると同時に、「EAS」や「ウイダー」などの有名食品会社の製品開発、サプリメント企業のコンサルタント、メディカルアドバイザー、国際スポーツ機関の薬物検査委員、政府機関の指定有識者、EAS科学諮問委員会メンバーなどの役職を担い、医学博士として活躍の場を広げていきます。

現在では医療審査官認定審議会(MROCC)による医療審査官(M.R.O.)、国際スポーツサイエンス協会(ISSA)による運動科学修士(M.F.S.)、アメリカスポーツメディスンカレッジのメンバーとしての活動を続ける一方、米国ハーバード大学の研究者との共同開発事業、サプリメント、ダイエット、ドーピング薬物、人体組成、運動パフォーマンスに関する書籍の執筆や講演活動などを通じて研究の成果を発信し続けています。特にサプリメント、スポーツ医学、栄養学、ドーピング薬物についての論文は欧米各国で翻訳されおり、その信頼と影響力は絶大です。

また、フィットネスやスポーツ関連の雑誌社からの執筆依頼も多く、日本でも人気の月刊誌『アイアンマン』の北米版を含む十数誌に毎月連載コラムを寄稿しています。

いまやサプリメントの研究における第一人者として世界的に認知されているDr.マウロですが、博士自身の名前を冠したサプリメント製品が全世界に向けて販売されている状況下にあって、日本の市場を見据えて一から考案されたチョイスオリジナル製品は、Dr.マウロの最新配合レシピによる高品質かつ安全性を極めた新時代のスタンダードなサプリメントだといえます。

スポーツ、ヘルス、エイジングケアのための総合健康補助食品ブランド、チョイスニュートリションの製品開発者として、“日本人の皆さまの健康維持に貢献する”というこの上なく大きなミッションにマウロ博士自身が興奮と喜びをもって応えてくれていることで、チョイスは夢の実現に向かって企業活動ができているのです。